自宅での脱毛処理をしていい人とは?

エチケットの一環として、脱毛をするのが当たり前となりました。もし脱毛処理を行っていないと”だらしのない人間”と思われてしまい、信用そのものを得ることも難しくなる時代です。

「何を大袈裟な」と思うかもしれませんが、無駄毛はパーツによってその人自身の印象を大きく変えることもあるのです。

肌に優しい脱毛方法はない?!

しかし脱毛とは早い話が、どういう手段で行うにしろ毛を抜き取る行為に変わりありません。

どんなに「肌に優しい方法」と謳われている脱毛方法でも、少なからず肌に傷がついてしまいます。肌に優しい脱毛方法は無い物かと、ネットや書籍で一生懸命調べている方も多いでしょう。

ただ現時点において「肌に優しい脱毛方法」は存在していません。つまり肌のことを考えるのならば、無駄毛は変に脱毛するよりもそのままにしておくのが1番なのです。

ただエチケットとして、「そのまま放置」というのは無理な話です。肌に優しい脱毛法は存在していないものの、確実にいくのならば専用のサロンへ行くのが確実でしょう。

ケアもかなり徹底して行ってくれるので、安心は出来ます。でもサロンへ通うとなると、どうしても費用はかかります。

何処を脱毛してもらうかにもより一概には言えませんが、高額になると数十万は覚悟した方が良いかもしれません。

もし少しでも費用を抑えたいと思っているのならば、自宅での脱毛がおすすめです。
ただし専門的な知識があるのならばともかく、素人判断で行うのは”リスク”がつきまとうことをしっかり頭に入れておく必要があります。

自宅で脱毛を行う方法としては、「毛抜き」「剃る」「テープ」「家庭用脱毛機」「ワックス」があります。どの方法を用いれば良いのかについては、個人によります。

だからまずは、それぞれの脱毛方法に関するメリットとデメリットをしっかり把握すべきです。

そして自分に合う方法を見つけ出したのならば、いざ実践です。まずは脱毛個所を清潔にして、皮膚を温めます。

脱毛が終われば炎症を抑えるために冷やして、肌を落ち着かせましょう。

どの手段を用いて脱毛するかによって細かい方法は変わりますが、「抜く」「剃る」のどちらの方法でも”肌を労わる”ことを頭にしっかり叩き込むようにして下さい。また脱毛するタイミングは、必ず体調の良い日に行うようにしましょう。

体調が悪くなると肌の抵抗力が無くなってしまうので、ほんの少しの”刺激”でも大きなトラブルになってしまう恐れがあります。

どの方法を用いたとしても、脱毛はリスクと隣り合わせになっていることを忘れないで下さい。